Life in Tokyo


by mayugaritas

やっぱり和食派

今日はDaddyが接待なので、Mamaと二人で夕飯を食べに行った。 美味しい蟹が入る
からと料亭のママさんからお誘いの電話があったので、久しぶりに2人での夕食。 ここの
料亭まるは両親が仕事関係のお客さんを接待するのによく利用していて、たまに家族でも
食べに来る料亭。 昔は八芳園でシェフをしていて今年で独立して9年になるという、日本
料理一筋のマスターとそこで仲居を務めていたママさんで切り盛りする広さは畳の個室1つと
テーブルが4つあるこじんまりしたお店。  ママさんはいつも着物で忙しく接客をしていて、
無口だけど、マスターの玉子美味しいよというと照れながら笑うマスター。 今夜はお店が
忙しいので娘さんもお手伝いに来ていた。 娘さんは小学校の先生という肩書きで夜は
両親のお手伝いもする、見習いたいくらい立派な人。

今夜はMamaと二人だったのでお鍋料理はパスでマスターのお薦め料理を頂いた。
メニューはお刺身、茄子田楽、タラバ蟹、ふぐ刺し、牛のたたきでした。 私はマスターが
作るだしまき玉子が大好きなので作ってもらいました。 おすし屋さんでもかならず玉子は
食べて、そこの味を自分なりに評価してします。 お寿司のネタも大事だけどベーシックな
だしまき玉子で仕上げるのが私のこだわりとでもいいましょうか・・・ でも大好きな中トロも
ポイントの一つかしら? 今夜のお刺身とお寿司の中トロは口の中でとろける食感、
『や~やっぱりいいね、日本食!』とMamaに連発してしまった。

美味しい日本食を食べてると、日本人に生まれて本当によかったなってつくづく思う私。
四季にあったお料理を頂くのはなんとも贅沢、フグは今月いっぱいで終わりだそうです、
また一年フグが食べられないのか。。。次の旬なものはなんだろう

e0073196_16404342.jpg

[PR]
by mayugaritas | 2006-02-10 16:22 | dining