Life in Tokyo


by mayugaritas

<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

プチ バカンス Part Ⅱ

朝食前に私と親友は温泉ならではの朝風呂へ、残り2人は部屋に残ったので朝食で合流。
Birthday Girlの一人がとても起用でMakeupの指導を親友共に受ける、まずは眉毛カット。
私は昔からMakeupには無知であまり化粧がうまくない、眉毛なんて毎日形が違う?そんな
タイプなので今回カットしもらった眉毛をキープするのだけでも大変そう。 眉毛一つで顔の
印象っていうのは変わるもんですね。 女性4名ともなると時間がかかるのでチェックアウトの
時間になっても誰一人準備出来てなかったが、時間に遅れた私たちを笑顔で見送ってくれた
ホテルの従業員さんに感謝。 また蛍の見れる時期に来たいね~といいがらホテルを出発。
本日のスケジュールは箱根大涌谷への観光、お土産屋さん巡り、昼食そして御殿場
アウトレットという日程。 車で行った為、電車の時間を気にせず移動できるのは女性だけの
旅行には都合がいい。

ホテルを出発して20分程で大涌谷に到着、観光バスなどが停まっていて駐車場は既に
観光客でいっぱい。 私たちは大涌谷目指してミニハイキング、運動不足気味の私は
頂上に着くころにはお恥ずかしい話ですが息が少し荒くなってしまいました。 行きかう
観光客はなぜか中国人や韓国人が多かったのがすごく以外であった。 頂上に着いて
からは7年の延命効果があるという黒玉子を試食してみる、黄身よりも白身の方が普通の
ゆで卵とは違う食感で、塩をつけるだけで十分美味しい延命黒玉子を食べ長寿を目指す。

e0073196_13181359.jpg


朝食からあまり時間も経っていなかったが、次食事を取るタイミングを計るのが困難だった
為箱根湯元駅周辺で日本蕎麦屋さんへ、ここは以前Mamaと親友で箱根に旅行に来た
際にもランチをして美味しかったので、またここへ戻ってきた。 メンバー4人が蕎麦より
うどん派だったので、蕎麦屋で鍋焼きうどんを注文。 前回も混んでいたけれど、この日も
混んでいたのできっとこの辺では有名なお蕎麦やさんなのでしょう。 うどん派の私はなぜ
お蕎麦を食べる人は最後にそばつゆを飲むのかが今でも不思議、美味しいのでしょうか?

ランチの後は駅周辺のお土産屋さんで甘党のDaddyへ温泉饅頭をGet, 鯛や鯵を
購入して横須賀へ帰る友達を駅までお見送り。 車一行は御殿場ICを目指して出発、
ドライブ途中富士山がよく見えたので車を停め写真撮影して見たが、やっぱりちょっと
曇ってしまってあまり綺麗な写真は撮れなかった、日本一の山として知られる富士山は
本当に大きい、どこをドライブしてもすぐに富士山が見えるんです。 私の親友は富士山
頂上までのOutingを計画してるが、私は登りきる自信がないです。 やっぱり地道に
高尾山あたりから練習するしかないな。

e0073196_1341290.jpg


御殿場のアウトレットはアメリカやヨーロッパみたいに期待してたが、30分以上も駐車場
入庫の為待ったかいなく、買い物好きな私でも買うものゼロでした。 またフィレンツエの
アウトレット行きたいな。 そして私たちのプチ バカンスは終わりました。
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-29 12:57 | vacance
12月生まれの親友と1月生まれの友達と高校時代の同級生で合同お誕生日会を兼ねて
4人で箱根へプチ バカンス。 一行はコンビ二で夜の宴おつまみを購入、2時間弱の私の
運転で2時間弱の箱根へのドライブ。 私の車は現在セキュリティーの問題でオーディオが
使用できない状態、ましてナビもないので社内は女3人でひたすらのおしゃべり。 音楽が
ないとちょっとしらけてしまうのでは?と思った心配はまったくありませんでした。 横須賀
近辺に彼氏と半同棲中のもう一人の友達は現地箱根湯本駅での待ち合わせ。 

車に渋滞もなかったので2時間弱で御殿場ICへ到着、出口を出てから20分くらいで
宿泊先に到着したが、チェックインまでは時間があるので、ホテルの人のお勧めを聞いて
昼食を取ることに。 御殿場IC周辺ではほうとうのお店が並んでいたので、この周辺は
ほうとうが有名?なのかしらと思いきや、ホテルの人はこちらの名産は特にありません、と
いう頼りない返答。 唯一お勧めだというのは和食屋さん。 空腹だった我々は道順を聞き
いろり茶屋というお店に到着。  Oh my god ! お店は日本家屋スタイルで中に入ると
お店の由来通り小さな囲炉裏がある、純Japanese styleなのでした。 お店のお勧めは
手打ちラーメンということなので、3人でラーメンを食べることに (何で箱根でラーメン?)と
思いましたが。。。 ラーメンは手打ちならではのこしがあって、なかなか美味しい!

e0073196_10184992.jpg


ランチを終えて、友人が箱根湯本駅に到着したというので、駅までお迎え。 ここでパックを
忘れてしまったので、温泉入浴後に使用するパックを薬局でGet。 目指せ美肌 !
箱根には美術館などもあり、以前は箱根の彫刻の森美術館へ行ったので今回は是非
シャガールやダリの作品もあるポーラ美術館へ観覧しに行きたかったが、美術館興味ない
メンバーもいたので、今回は星の王子さまミュージアムへ。 星の王子さまは小学生くらいの
時に一度読んで、数年前にもらった英語版を読み、最後はフランス語のクラスでフランス語版を一昨年読んだ。  

著者の冒頭に:

「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、
いくらもいない。)」 子供の心を忘れてしまった我々大人へのメッセージなのです。

著者がフランス人なので、てっきりオリジナルはフランス語だと思ったら戦争中彼が亡命した
アメリカで英語で書かれたThe Little Princeがオリジナルの一冊だったという事がこの
ミュージアムに行ってわかりました。 ミュージアム内はLittle Franceのようなつくりで
小さなVillageになっている。 フランス語ですべて看板がかかれていて、18世紀スタイルの
街並みもとてもフレンチ。 Village内には本に登場する、自惚れ屋、飲んべい、実業家、
点灯夫そして地理学者などの人形もあり、まさに星の王子さまの世界なのでした。
帰りに立ち寄った星の王子さまCafeには『ひつじの絵を描いて!』という第一章のひつじを
飲み込んでしまった蛇のお菓子が飾ってありました。 以前よりも少しだけ星の王子さまを
理解した一日、また本を読んでみよう。

e0073196_12285910.jpg


花の里という宿泊先ホテルに戻り、e0073196_12451949.jpg貸切露天風呂の予約を済ませお部屋にチェックイン。 
お風呂の時間まで1時間弱あったのでみんなでお茶を
飲みながらの休息。 箱根にはまだ雪が残っていて
暖房がきいていても窓を開けるとすごく寒い、仕入れて
きたビールなどは冷蔵庫に入りキレなかったので
もっとも寒い場所、窓の外に自然冷蔵しちゃいました。 
貸切露天風呂は大きな敷地の中にあり、ランプを持って
お風呂へ、脱衣所からお風呂まで離れているので、
寒い中全速力で温泉の中へ。 雪こそは止んでいた
けれど、もし雪が降っていたら綺麗な雪景色の中で温泉に入れたんだろうな。 温泉最高! 
ここは夏に蛍が見えるそうです、そしてクリアーなそらは沢山の星たちが見え、1週間に
一度は流れ星が見えるというなんとも羨ましい立地条件なのでした。

入浴後お食事を済ませ、夜の宴開始。 友達と買ってきたケーキにロウソクをさしてまずは
Birthday Cakeでお祝い、ボジョレーで乾杯してガールズナイトを楽しみました。
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-28 09:51 | vacance

Belated Birthday

私の親友のBDはクリスマスイブ、しかし今年は一緒に過ごせなかった。 彼女はクリスマス
休暇にオーストラリアへと行ってしまったので、年明け新年会を兼ねてBD Dinnerへと
変更。 毎年悩むのはプレゼント、出会ってから毎年プレゼント交換をしていて、プレゼント
選びは誕生日1ヶ月前からのリサーチが必要、それとない会話から今何はまっているのか、
現在の所持品で消耗しかけてるものはないか? 今回目につけたのは彼女の消耗。。。
しかかったお財布、これだわ! 今年のBD Giftにぴったり、でも彼女が先に買ってしまわ
ないかが心配なので、なにげに財布を毎回チェックしていた。 案の定、前回会った時は
財布が古いから買い換えたいのよね~とつぶやく彼女を相手に、『日本で買うと高いから、
海外旅行に行ったら買ったら?』などとなにげに邪魔をする。 そしてなんとかセーフ !

Dinnerは毎回新年会をやる料亭を辞めて前回Mamaとランチして美味しかった中華、
Chen's Diningをチョイス、たまには違う場所でDinnerもいいでしょうと。 Daddyは
親友を第二の娘のように可愛がっていて、この日を楽しみにしていたのにも関わらず、当日は
ケロッと忘れているのがまったく天然なのでした。 現地集合だったので、我々は先に着いて
アペリティフをすることに。。。といっても両親お酒飲まないので中国茶、そして私は大好きな
Martiniがなかったのでキールでとりあえず乾杯。 しばらくすると親友も到着で遅れての
お誕生日おめでとうの乾杯としてDinnerは始まりました。 Daddyは早くもプレゼントを
渡したいらしく、落ち着かないので、食事の前にプレゼント贈呈。 中身をあけた親友ちゃん、
お財布だったので喜んでくれた! そして我々は1ヶ月と1日遅れのBDを祝ったのでした。
本当にうちの両親は親友ちゃんが大好き、次回の家族旅行は是非、一緒に参加してねと
念をおしてお願いしてた。 次回は東南アジアの綺麗なリゾートがいいわ。

e0073196_2352614.jpg

[PR]
by mayugaritas | 2006-01-25 10:38 | friends
友達の早めのBirthday Partyへお呼ばれされ、某ホテルのフレンチでのお食事。
この日のBirthday Partyは友達の男友達が企画してくれて、接待同様でした。

メンバーはどうしてかはわからないが:

Mens
★ホテルのマネージャー
★ホテルの副総支配人
★ホテルの営業
★ホテルに高級精肉を卸している肉屋の社長

Ladies
★Birthday Girl (元同僚)
★合コンQueen (元同僚、初対面)
★お姉さんA (元同僚、初対面)
★お姉さんB (元同僚、初対面) 
★お姉さんC (BD Girlの大学の同級生)

こ~んな強烈なメンバーでのお誕生日会でした。 個室の前の大きなテーブルでなんとも
怪しい合コンのようなBD Party、副総支配人はDaddyと変わらない年齢だし、結構無口。
そして私の前に座るから会話するのが四苦八苦しましたわ、ま~自分のホテルであまり
騒げないのもわかるが。 10本以上のシャンペンとワインに囲まれDinnerが始まると
杖をついたおじさんが個室にやってきた、なんとMrと一茂親子登場。 大きな個室を貸し
切って4人でお食事していかれました。 私の座っていた席からはMrの背中が見えました、
ここの個室はガラス張りなもので。 

Dinnerはマネージャーさんがお店で人気のあるメニューをチョイスしてくれて、フレンチ
だけどシーザーサラダも出てきた。 やっぱり外国人客が多いからなのでしょうか?
ワインはブルゴーニュ産から南イタリア産のワインなどを頂き、あまり会話が出来ない
私は飲みに走った。 テーブルにも総副支配人が同席しているため、サービスがすごい。
ワインもコルクの匂いをかいで交換させたり、こんな場面に遭遇したのはSPAGO以来。
メインは牛フィレだったのですが、なぜか総副支配人はパスタを食べてる。 理由を聞いて
みると職業柄食べ歩きが多いのであまりお肉は食べないようにしているらしい、そういえば
太ってないし、食べ歩きって羨ましくも思うがベスト体重をキープするのも困難なのね。
後半は少し会話も出来たけど、盛り上がることはなくDinnerは幕を閉じた。やっぱり私
だけ場違いだったよ!!!

2次会は近くのバー、総副支配人とマネージャーさんにお礼をしてみんなで二次会へ。
やっとリラックスして飲めるとも思ったら、10分もたたないうちに彼等がやって来た。
そして真ん中の席を勧めているのだが出口近くに座っていた私の横へ座ってきたのです。
これじゃーゆっくりも飲めない、スコッチウイスキーにもこだわりがある彼はキューブを
指定して注文したが、ここのバーテンダーラウンドのキューブではなく細かいキューブを
入れてきたので彼はご立腹、営業さんがあわてて注文しなおす。 ホテルの上下関係
なんでしょうね。 キューバンシガーを吸いながらやっぱり無口、みんながゴルフの話で
盛り上がってるのでちょこっと会話に入るが、合コンQueenが『今度ご一緒に行きましょう』
『いつがいいですか?今予約しちゃいま~す。』と言われたのが気に入らなかったのか
黙り込んでしまった。 マネージャーは合コンQueen狙いだったらしく、終始笑みを
浮かべたいたが副総支配人の機嫌が悪くなってきてしまったので、『じゃーそろそろ』と
言って二人は撤退してしまった。 な~んか気まずいムードになってしまったので私も
『そろそろ~帰りますね。』と言って場違いなBD Partyを後にした。
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-25 01:09 | friends

NYC Party Animal has arrived

NYCから友達夫婦が来日、お帰りなさい会と新年会を交えたDinnerが六本木の時代屋
行われました。 友達夫婦はシンガポールの結婚式に出席する為に東京経由でやってきた。
もう一組のカップルも同じ結婚式に参加と出張を兼ねて今日のDinnerに参加。 待ち合わせ
時間を5分くらい過ぎて到着すると6人くらいが既に到着していて、友人がBig Hugをして
くれて、ちょっとジーンとしたわ。 しばらくすると、ゾロゾロと人がやってきてあっと言う間に
テーブルはいっぱい。 六本木の時代屋はこじんまりとしていて、1つの部屋に大きな
掘りごたつ式テーブルになっているのが一つと、もう一つ小さな掘りごたつがある。 
その部屋を貸切で今夜のPartyは幕を開けました。 NYCの友人リクエストで
純JAPANESE FOODがいい!そして今夜のメニューは寒い冬にはもってこいの
お鍋料理、キムチ鍋と牡蠣鍋、お刺身と、天ぷらでしたが、私は話に夢中であまり食べ
なかった、というか途中から日本酒を飲み始め飲みにはいってしまい、宴会では猛烈
エンジン全快。

2次会は元同僚が経営する麻布のGrail Barへ、月曜日の夜だというのにお店は結構
お客さんがいてオーナーは奥の席ですでに飲んでいた。 先週出張でNYCに行っていた
彼は友達に会っていてこの日の来日を楽しみにお店で待機していてくれた。 私の友人も
途中からJoinして、バーの中ではみんなワイワイと飲んでいて、月曜日ということもあり
ほとんどのメンバーは夜中に家路につき、NYCからのVisitorと我々は3次会のカラオケ。
途中までは勢いで飲んで騒いでいた私もさすがの3時にはDown, みんながカラオケ
するなかソファーで爆睡、なんどか『一緒に歌おう!』と誘われたけど眠さには勝てず、
朝の5時までみんなカラオケしてました。 Last Songとなったアンルイスの名曲
六本木心中でやっと目が覚めた。

始発が始まるから私は帰ろうと思われたけど、またNYCからの友達に拉致され、彼等が
泊まっている鉢山町の友人宅へタクシーで向かい、そこでなが~いGirls Talkが始まった。
私の就職活動のアドバイスや、恋愛スタイルなどのごく普通の会話だったけど、それが
止まらない。 NYCに行った時もバスルームにこもってネイルしながらおしゃべりしたり、
みんなが東京にいた時代は日曜日にブランチしたりしてた頃を思い出した。 今度はいつ
NYCカップルに会えるかわからないけど、まったく距離がない私たちの関係はこれからも
ずっと続くでしょう。  仕事の都合で年に一度は東京Officeには出張があるので、
最低年に一度、いや、やっぱりまたみんなでどこかで待ち合わせのJoint Vacationを
したいな。 東京はわずか2日滞在、ニースにもわずか2日間という短いスケジュールで
遊びに来たParty Animalたちに会えるのはそこまで難しくないと思う。 
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-23 10:12 | friends

初雪そして、The snowman

東京に初雪が降りました、最近寒いな~と思ってたら天気予報通りに本当に雪が降った。
友達と買い物に行く約束もキャンセルして一日ずっと家で過ごしてたけど、やっぱり暇なので
ベランダに出て不気味な物体を作製してみた。

小さい頃はよく3つ上の兄と雪合戦や雪だるまを作ったけど、もうそんな年でもないし、でも
雪が沢山積もったので雪だるまを作ろうと防寒していざ挑戦。 普通の雪だるまじゃやっぱり
ありきたりだし、顔を作ってたら目に青い石を入れたらなんだか『シベリアンハスキー風』に
なったので思い切って戌年だし” THE 戌だるま ”に急遽変更。 目には青い石、鼻は
緑の画鋲、手は黒いペン、そして口は人参なので、私の戌だるまはかなり不気味ちゃん。
しかしそんな娘の不気味な作品を見てDaddyもMamaも絶賛でした。 
                   
                   結果はこんな感じ。。。↓

e0073196_015575.jpg


今年は東北も大雪だし、首都圏も2月にもっと雪が降るらしい、天気予報ではロシアからの
大寒波が流れてきていると言うが、氷点下41度なんて寒すぎる。 でももし、そこまで
寒くなったらやっぱり『凍ったバナナで釘を打つ実験は避けられないでしょうね。』
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-21 23:55 | what's up

I am loving it !

今日のDinnerの相手は昔よく一緒に遊んだ友人、彼女に出会ったのはLAの友達が日本で
結婚式をした時に出会いました、かれこれ8年以上の付き合いかな。 披露宴の二次会で
たまたま隣に座っていた彼女と意気投合してすぐに夜遊び友達になった。 一番の共通点は
Mamaとめちゃくちゃ仲がいい事と、極度の方向音痴という2点。 

知り合った当時はどっちが早く結婚するかな?なんてよく話してたけど、彼女は日本でいう
勝ち組に入ってしまった。 フランスから一時帰国していた時に婚約者を紹介してもらった。
初対面とは思えないくらい話しやすい人で、印象は若いのにしっかりしてる人だなと関心。
残念な事に結婚式は出席できなかったけど、メールで彼等のとても幸せそうな写真を拝見し、
現在は素敵なマンションまで構えるという理想的なカップルになりました。

今回のDinnerは再会を祝してアンコールワットというカンボジア料理。 カンボジア料理って
何?と思いましたが、どことなくベトナム料理に似ていて、生春巻きやフォーなどのお料理で
日本人の舌にあわせてあるからそこまでは辛くないらしいが、本当はすごく激辛だとお店の
スタッフは言っていた。 何を質問してもとってもアバウトなカンボジア人には友達と笑って
しまったが、何がお勧め?と聞くとこのコースだよといって2千円のコースを勧められた。 
次々と運ばれてくる料理はすべて美味しかったし、あのボリュームで2千円はバーゲン!
平日だというのにお店は結構混んでいて、やはりみんな同じコースを注文していたから
きっとアバウトな店員に勧められたのだろう(笑)

前回の帰国の時はお互いのスケジュールが会わなかったので、今回の再会は2年振り、
長い間会ってなかったけど、会話はNon Stopで昔話をしながらお料理を食べました。
マクドナルドの広報担当の友人は着々とキャリアを積み上げている、よく一緒に飲みに行って
ナンパされる外人に『どこで働いてるの?』と聞かれ『マクドナルド』と答えると100%の人が
どこのマック?と聞いてくる、そんな彼等に友人は『マックの本社、広報なの!』と言って
いた頃が懐かしいな。 Dinnerが終わって、どこかでお茶しようとスターバックスが近くに
あるから、すたばに行こうと言って歩き出したが、すたばが見つからない。。。 ここにたしか
あったと思うんだけど~とやっぱり方向音痴つながりの友達、まったく変わってなかった。
そしてお茶をしていると『今回新しい名刺があるのよ~』と友達が数種類の名刺を見せて
くれた。 マックの商品、ミルクシェーク、ポテト、ビックマックなどがあってビックマックと
シェークを真剣に迷った末、ビックマックをGET。 

このお茶目な名刺です。

e0073196_23552366.jpg

[PR]
by mayugaritas | 2006-01-19 23:17 | friends

久しぶりのフランス料理

グランドハイヤットがOpenしたのは私が渡仏してから、前の会社に勤めてたら今頃ヒルズで
仕事をしていたのだが。。。

元同僚がヒルズにいるため、六本木ヒルズは数回行ったけどまだ把握してない、というか
いまだにお店を探すのが大変なのです。 今回は会社のクリスマスパーティーで見事
ベストドレッサー賞に輝き、グランドハイヤットでのお食事券をGETした元同僚がDinnerに
招待してくれました。 バブル時代がはじけた今でも常にバブリーな友人はDiorのドレスで
Theme of Celebに輝いたわけなのです。 いつものようにメールで『何食べたい?』
ちょっと前まではイタリアン、フレンチ意外なら何でもいいよと答えていた私も、そろそろ
フランス料理が恋しくなりフレンチキッチンをリクエスト! 久しぶりのフレンチなのです。

お店に入ると予約していたテーブルに通され、シャンペーンのサービス。 このシャンペンは
友人が最近知り合った男性がハイヤットとビジネスをしているため、彼の配慮でボトル1本の
シャンペンをポーンと届けてくれたのでした、なんてラッキーな私、そしていまだにバブリーな
友人ちゃん。 お料理はコースをオーダーして、前菜にフォアグラ、なすのポタージュ、次に
白身魚、そしてメインはフィレか鴨を悩んだ末私は鴨をオーダー。 お腹がはちきれるほど
いっぱいになりまし~た。 やっぱりフレンチって量が多いな、ランチでもボリュームあるし
ディナーとなるとその倍近い量ですが、『あ~お腹がいっぱい』といいながらも最後の
チョコレートムースとアイスまで完食しました。 レストラン内にあるバーも落ち着いたムード
なので、次回はアペリティフでワインを飲みに行くのもいいかも。 今宵も2人で一本の
シャンペン飲んでしまった。
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-18 22:54 | dining

新年会 Part Ⅰ

本日は前回Blogにも書いた直木賞の発表日でした、そしてなんと東野圭吾さんが見事受賞
されましたね、おめでとうございます。 本当によかった、よかった。 

夜は忘年会と称して元同僚とベトナム料理へ行ってきました。 BONGSENという六本木に
あるお店で予約を入れておいたので、個室のようなところへ案内されました。 沢山のベトナム料理を食べたい!という意見でコースメニューをオーダーして、それぞれ違う一品を
選択しました。 お勧めは海老団子かな、さとうきびに海老団子がついて揚げてあって
レタスやコリアンダーを一緒にまいてソースにつけて食べる、とってもベトナム的なスタイル。
ウエートレスはベトナム人の女の子、ちょっと日本語が怪しかったので大丈夫かなと思ったら
やっぱり、意味が通じてなかったようでベトナムフォーを楽しみにしてたが、フォーがスペア
リブに変身してしまった。 私がフランスで友達になったベトナム人の女の子を思い出した。
とにかくせっかちであまり人の話を聞かないので、とんでもない結果になるっていうのは
なんだかそっくり。 そして飲み物がまだ残ってるのに、飲み物のお代わりはいかがですか?
レストランでは珍しい積極スタイルだなーと思いつつ、毎回お代わりを頼んでしまったわ。

友達がマンション購入を決意してフロアプランなどの話を聞いていたけど、お料理が次から
次へと運ばれてくるので食べるのが大変!! 結局はGIRLS TALKで楽しい一夜はあっと
いうまに過ぎてしまいました。 次回はモデルハウスに見学予定、マンションかーいいな。
彼女が狙いを定めた物件は10階建ての8階角部屋で大きなルーフバルコニーがあって、
バルコニーからは目黒川が見渡せ、来年のお花見Partyを既に計画中。 

e0073196_15123541.jpgヨーロッパ在住中はやはり旅行はヨーロッパ周辺
だった為、日本在住中は、やっぱりアジアを中心に
旅行したいな、まだベトナムは行った事がないので、
鳥インフルエンザがおさまったら行こう!! 
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-17 14:48 | party

すごく気になる。。。

新番組白夜行の再放送がやっていたのでなんとなく見てみたらなかなか面白い。 新番組だからTVをつけると頻繁にPRはしていたのだけど、その時はこのドラマがそんなに面白いとは
思ってもみなかった。 第一話は2時間編成で行われ、私はまさにドラマにハマってしまい
ました。 ストリーは14年間の壮大な愛と絶望の物語とタイトルに書いてあったけど、まさに
その通りであり、幼い主人公が図書館で風邪と共に去りぬを読んで主人公スカーレットに
惹かれていると言った一言には心が切なくなってしまいジーンときました。 特別編成の
第一話は14年間、初期幼少時代のシーンでここで主人公は大きな傷を背負って強く人生を
歩んで行く。 あー次が早く見たいな、気になる!

白夜行は東野圭吾原作で55万部のベストセラー作品のひとつであり、122回の直木賞にも
ノミネートされた。 今年も彼の作品、容疑者Xの献身がノミネートが発表されている。 過去
31回江戸川乱歩賞の受賞は果たしたが、今回で6回目の直木賞ノミネートとなる売れっ子
作家は17日発表の直木賞を受賞できるのだろうか? 私の注目作家がんばってほしいわ。

私はよくベストセラーや新作などを新聞やネットで見たAmazonのReviewを見ながら本を
買うことが多い。 でもドラマを見てから本が読みたくなったのは初めて。 よくオリジナルの
本は面白くてもドラマや映画化されるとがっかりという経験が多いけど、ドラマから惹かれて
本を読むとどうなるのか?さっそくAmazonでGET! ドラマの行方が気になるから、原作を
読みたいという気持ちに駆られてしまいました。 今回ノミネートされている容疑者Xの献身も
買ってしまいました。 Amazonでお買い物はついつい買いすぎてしまうんですよね。。。 
Reviewとか過去の作品とか見てるともっと読みたくなってしまうから。 今回もまだ読んでない村上春樹の本をついでに買ってしまった。

e0073196_2359223.jpg


私は芥川賞作家よりもどちらかというと直木賞作家の方が好きだったりする。 実際に多くの直木賞受賞作を読んでいるが、芥川賞に関しては石原慎太郎(東京都知事)の太陽の季節と村上龍の限りなく透明に近いブルーの2作品しかなかった。 太陽の季節に関しては大学在学中に著者が書いたとは思えない処女作で、私には難しかった日本語の本でした。 もう一度読み直したい本の一つなのです。



   
[PR]
by mayugaritas | 2006-01-16 00:54 | books