Life in Tokyo


by mayugaritas

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Farewell Dinner @Casita

元同僚のI-chanがイギリスへ引っ越してしまうのでfarewell dinnerの場所に青山の
Casitaをチョイス、イギリスに行ってしまうから最後は和食にしようかと思って当人に確認
e0073196_22593767.jpgしてみると、洋食が希望と意外なレスが来た。
アクセスがよくって美味しいお店?いくつか
ピックアップしてお店のリンクを送ると彼女は
Casitaを選んだ、私も興味持っていたので
即決定。 仕事の都合で予約していた時間に
間に合わないので時間変更の連絡を入れると
OO様でございますね、といきなり言われて
びっくり。 このお店は予約してあるゲストの
連絡先を認識していたらしい。 お店に着くと
すぐにスタッフが「お待ちしておりました」と
トレーニングの行き届いているお迎え、レストランの中へ入るとリゾートホテルのような
デザインで「癒し系」をイメージしたお洒落なレストラン。 テーブルへ案内されると
OO様とゲストのみな様というWelcome cardの演出までありました。 とってもホテル
ライクおもてなし。 さて最後の晩餐なのでコースを選択12,600円のコースはかなり
ボリュームありましたが、前菜が2種類でてきてCold蟹とトリュフ、Hotフォアグラ!
どちらもすごく美味しかったのでお勧めです。 でも一点だけ驚いたのはワインリストで
Mid rangeのボトルを入れたのですが、サービスに来たスタッフがコルクを抜いてから
コルクの香りを嗅いで(ここまでは普通です)しかしこのスタッフはいきなり試飲した!
昔行ったことのある高級なフレンチレストランではソムリエがテーブルにやってきて
コルクを抜いてから、「失礼いたしました、こちらはお取替えいたします」といってまた
新しいボトルをもらったことはありますが、ソムリエでも試飲はしませんでしたね。
だってこのスタッフソムリエバッジもしてないんです、「ソムリエの方ですか?」って
聞いてみたら、「いいえ」と言われました。 いったいあの試飲はなんだったのか(笑)
あれも単なる演出???? 最後の演出は渡英する友人へのデザートのサービスと
そこにはイギリスの国旗が飾られメッセージが添えてありました。 サプライズ好きの
人なら結構喜んでもらえるレストランでしょうね。 私はまたトリュフとフォアグラを食べに
行きたいと思います(笑)
[PR]
by mayugaritas | 2008-02-27 22:34 | dining